Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ビザとJCBが個人情報保護で提携 - 業界標準化を推進

ビザ・インターナショナルとジェーシービーは、カード会員のアカウント情報や取引情報の保護を目指し、提携すると発表した。両社は、国内でデータセキュリティ基準の導入を推進する。

同基準は、Visaのアカウント情報セキュリティプログラムに基づくもので、カード会員情報の不正な開示や改ざんを防ぐことを目的として設計されているという。

カード会員情報を保護するために国際基準に沿った最低限のセキュリティのレベルを定められているほか、カード発行会社、加盟店、プロセッサが自社のセキュリティ水準を国際基準に照らして評価するための共通のベンチマークも規定している。

カード発行会社、加盟店、プロセッサは、12のハイレベルに規定されている基準に従ってVISAやJCBカード会員のアカウント情報や取引情報を処理、保管、送信することが必要で、基準を遵守することにより、カード会員情報をより安全に保護し、セキュリティ対策を維持、強化することができるようになるとしている。

(Security NEXT - 2005/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含むUSBメモリを出張先で紛失 - 金沢大
すぐれたセキュ論文表彰する「辻井賞」が募集を開始
JNSA、「IoT/AIセキュリティセミナー」を開催
ドラマエキストラ応募者への連絡メールで誤送信 - TBS
資産管理製品「LanScope」に権限昇格の脆弱性
顧客情報含む定期預金期日管理表を紛失 - 三重銀
2支店で顧客情報記載の伝票綴りを紛失 - 京都中央信金
システム不具合で信用情報を誤登録 - UQコム
標的型攻撃相談、2019年度上半期は221件 - 80件でレスキュー支援
パッチ公開翌日から「PHP-FPM」への攻撃を観測 - PHP環境の情報収集も