Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外部メディアへの書き出し禁止により情報漏洩を防ぐ - マクニカ

マクニカネットワークスは、リムーバブルメディアへの書き出し禁止および暗号化を実現するソフトウェア「SafeBoot Content Encryption」を、2005年3月14日より発売する。

同ソフトは、ハードディスク暗号化ソフトウェアSafeBootシリーズのオプション製品で、リムーバブルメディアへの書き出し禁止、もしくは書き出し時の自動暗号化により、情報漏洩のリスクを抑えるもの。

また、管理者が指定したドライブやフォルダ、特定の拡張子のファイルを自動的に暗号化するドライブ暗号機能、フォルダ暗号機能も備えている。価格は、1ライセンス当たり7770円から。

(Security NEXT - 2005/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装