Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノン、e-文書法対応の電子文書管理ソフト最新版をリリース

キヤノンは、電子文書の原本性を確保し、セキュリティー機能を大幅に強化した文書管理ソフトウエア「キヤノンimageWARE Document Manager Version 4」を、3月中旬より発売する。

最新版は、「e-文書法」への対応を視野に入れ、開発されたもの。パソコンで作成された電子文書や同社複合機「imageRUNNER」シリーズで電子化した紙文書を一括管理できる「imageWARE Document Manager 2002」の後継製品にあたる。

電子文書を暗号化した上でデータベースに登録するため、不正アクセスによる情報漏洩などを防止できる。ログ管理機能やアクセス権設定機能も搭載。また、第三者機関が発行する電子署名やタイムスタンプを文書に付加でき、原本性を確保できるという。

(Security NEXT - 2005/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ZeroShell」に対する脆弱性攻撃、国内でも観測
「XenMobile Server」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
8月修正のIE脆弱性、韓企業狙う標的型攻撃で悪用
「vBulletin」に脆弱性、過去のパッチ不備で問題再燃 - すでに攻撃も
パソコン向け「Adobe Lightroom」に脆弱性 - 更新版が公開
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性26件を修正
SAP、定例パッチを公開 - 深刻な脆弱性へ対処
公開ファイルのプロパティ情報に個人情報、約400件が判明 - 新潟県
「Sポイント」会員サイトに約1000万回のログイン試行 - ポイント交換も
問い合わせメールを転送ミス、個人情報流出 - 神戸市