Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンクBBがメール保管監視ソリューションを採用

イキソスソフトウェアは、同社の電子メール保管、監査ソリューション「IXOS-eCONserver for MS Exchange」が、ソフトバンクBBにおいて採用され、5000ユーザーに導入されたと発表した。

同ソリューションは、企業の送受信メールを添付ファイル、BCC情報も含め、改ざんできない形で長期にわたってアーカイブ保管するもの。情報流出などの問題が起こった場合には、迅速な内部監査や問題追跡を行うことが可能。

ソフトバンクBBでは「情報セキュリティ委員会」が設置され、徹底した情報セキュリティ管理の強化とシステム構築が進められている。その中で、情報流出の原因となる危険性が高い電子メールの統制管理、および内部監査の強化策として、同ソリューションが採用されたという。

(Security NEXT - 2004/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、APAC初「エクスペリエンスセンター」を開設
「NIST SP800-171」準拠の支援サービス - ニュートン
英会話教室でメール誤送信、保護者のメアドなど流出 - 東京ガイダンス
政府「クラウド安全性評価」の取りまとめ案で意見募集
HDD破壊後に台数確認なく、異常気付かず - ブロードリンク
「VMware ESXi」「Horizon DaaS」に深刻なRCE脆弱性
ネットバンク不正送金が3.6倍に - 個人での被害目立つ
「JNSA賞」の受賞者を発表 - 特別賞に「nao_sec」
「Photoshop CC」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートを
認証システム「Athenz」に脆弱性 - アップデートがリリース