Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンクBBがメール保管監視ソリューションを採用

イキソスソフトウェアは、同社の電子メール保管、監査ソリューション「IXOS-eCONserver for MS Exchange」が、ソフトバンクBBにおいて採用され、5000ユーザーに導入されたと発表した。

同ソリューションは、企業の送受信メールを添付ファイル、BCC情報も含め、改ざんできない形で長期にわたってアーカイブ保管するもの。情報流出などの問題が起こった場合には、迅速な内部監査や問題追跡を行うことが可能。

ソフトバンクBBでは「情報セキュリティ委員会」が設置され、徹底した情報セキュリティ管理の強化とシステム構築が進められている。その中で、情報流出の原因となる危険性が高い電子メールの統制管理、および内部監査の強化策として、同ソリューションが採用されたという。

(Security NEXT - 2004/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「端末が不正利用」とキャリアの緊急連絡偽うメールに注意 - 情報窃取アプリの導入促す
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
ネット上の行動、親子で定期的に話す15% - グローバルと大きな差
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス
ウェブフィルタリング製品に新版、クラウドサービスも- キヤノンMJ
叙勲候補者の個人情報をメール誤送信 - 愛知県