Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトエイジェンシー、SOFTWINのウイルス対策ソフトを販売

ソフトエイジェンシーは、アンチウイルスソフトウェア「BitDefender」の販売において、開発元のSOFTWINとパートナー契約を結んだ。

同ソフトは、ウイルス検出、駆除、およびスパム対策機能を備えたセキュリティソリューションで、Windows版だけでなく、Linux版も提供されるのが特徴。同社によれば、Virus Bulletinの調査において、新種のウイルスに対応したパターンファイルを世界で最も速く配布したと報告されているという。

今後は、Linuxのエンタープライズ向けセキュリティソリューションとしてSOFTWINのソフトウェアを提供するとともに、MIPS、PowerPC、ARMなどのCPU上で動作する、組み込みLinux用の「BitDefender」を共同で開発し、販売する予定だとしている。

(Security NEXT - 2004/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NECとシスコ、重要インフラ向け機器に真正性のチェック機能
ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍
三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性
Dell TechnologiesがRSAを投資ファンドなどへ売却
マルウェア「LODEINFO」を検知 - JPCERT/CCが解析情報を公開
TMI P&S、セキュリティ対応サービスで2社と協業
ウェブルート、川柳コンテストの入賞作品を発表
SSL可視化製品の市場規模は8.1億円 - 前年度比26.6%増
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
複数の脆弱性に対処した「PHP」のアップデートが公開