Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトエイジェンシー、SOFTWINのウイルス対策ソフトを販売

ソフトエイジェンシーは、アンチウイルスソフトウェア「BitDefender」の販売において、開発元のSOFTWINとパートナー契約を結んだ。

同ソフトは、ウイルス検出、駆除、およびスパム対策機能を備えたセキュリティソリューションで、Windows版だけでなく、Linux版も提供されるのが特徴。同社によれば、Virus Bulletinの調査において、新種のウイルスに対応したパターンファイルを世界で最も速く配布したと報告されているという。

今後は、Linuxのエンタープライズ向けセキュリティソリューションとしてSOFTWINのソフトウェアを提供するとともに、MIPS、PowerPC、ARMなどのCPU上で動作する、組み込みLinux用の「BitDefender」を共同で開発し、販売する予定だとしている。

(Security NEXT - 2004/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ローン申込者の顧客情報を「OpenChat」へ誤投稿 - LINE Credit
PINコード設定求める偽MSメールに注意 - サイトは使い回し
クレカ会員向けサービスにPWリスト攻撃、ポイント交換も - ジャックス
アロマオイル通販サイトに不正アクセス - 偽画面からクレカ情報詐取
「Chrome」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
「Android 10」に対応したセキュアコーディングガイド新版
「Firefox 69.0.1」が公開、通知なしにポインタロックできる問題へ対処
オーナー情報を提携業者に誤って提供 - ミサワホーム
育児出産情報サイトにPWリスト攻撃 - ポイント不正交換か