Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセス行為、再び増加傾向に

警察庁は、2004年上半期の不正アクセス行為の発生状況などについてまとめた資料を公開した。

資料によれば、2004年上半期の不正アクセス行為認知件数は198件で、前年同期と比較して84件増加した。2001年をピークに減少していたが、再び増加傾向にあるという。

検挙事件数は27事件、検挙人員は39人で、前年同期に比べて事件数は6事件減少し、人員は2人増加した。その多くが、他人の識別符号を入力してネットワークを不正に利用する識別符号窃用型だという。識別符号の入手方法は、利用者のパスワードの設定および管理の甘さにつけ込んだものが最も多かった。

警察庁では、防御上の留意事項として、他人に推察されないようなパスワードを設定し、不用意に教えないなど、まず利用者がパスワードの管理を徹底することを挙げている。また、セキュリティホール攻撃型も増加していることから、サーバの管理者に対しても、セキュリティ水準の維持、向上を促している。

(Security NEXT - 2004/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
ノートルダム大聖堂の火災、便乗サイバー攻撃に注意
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
会誌に一部会員の個人情報を誤掲載、データ抽出時のミスで - 九州大学造船会
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
「端末が不正利用」とキャリアの緊急連絡偽うメールに注意 - 情報窃取アプリの導入促す
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
ネット上の行動、親子で定期的に話す15% - グローバルと大きな差
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ