Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセス行為、再び増加傾向に

警察庁は、2004年上半期の不正アクセス行為の発生状況などについてまとめた資料を公開した。

資料によれば、2004年上半期の不正アクセス行為認知件数は198件で、前年同期と比較して84件増加した。2001年をピークに減少していたが、再び増加傾向にあるという。

検挙事件数は27事件、検挙人員は39人で、前年同期に比べて事件数は6事件減少し、人員は2人増加した。その多くが、他人の識別符号を入力してネットワークを不正に利用する識別符号窃用型だという。識別符号の入手方法は、利用者のパスワードの設定および管理の甘さにつけ込んだものが最も多かった。

警察庁では、防御上の留意事項として、他人に推察されないようなパスワードを設定し、不用意に教えないなど、まず利用者がパスワードの管理を徹底することを挙げている。また、セキュリティホール攻撃型も増加していることから、サーバの管理者に対しても、セキュリティ水準の維持、向上を促している。

(Security NEXT - 2004/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか