Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル交換ソフト利用者が減少 - ACCS調査

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)と日本レコード協会(RIAJ)は、2004年4月に実施した「ファイル交換ソフトの利用実態」の調査結果を発表した。

調査の結果に寄れば、ファイル交換ソフトを「現在利用」と回答した人は2.8%で、2003年の3.4%から減少している。また、「過去に利用」の経験があるとの回答は前回の3.0%から4.3%となった。ACCSでは、インターネット人口の推移を香料に入れると、やや減少傾向にあるとしている。

また、ファイル交換ソフト利用者が1年間に利用したコンテンツは平均137ファイルで、音楽、映像関連が80%以上だった。

(Security NEXT - 2004/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Android版「Outlook」に定例外セキュリティ更新
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートを
PHP脆弱性狙うランサム攻撃「NextCry」が発生
メルアカ乗っ取りで迷惑メールの踏み台に - 日ポリ化工
フルリゾルバ「Unbound」に任意のコードを実行されるおそれ
ニュースメール誤送信で会員のメアド流出 - 日本診療放射線技師連盟
誤送信で講習会申込者のメアド流出 - 兵庫県作業療法士会
IoTセキュリティのスタートアップを買収 - チェック・ポイント
偽金融取引ソフトに注意 - macOSもターゲットに
「Office 365」の管理者狙うフィッシング攻撃 - さらなる攻撃の起点に