Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

悪質化する「おれおれ」詐欺

全国各地で「おれおれ」詐欺が増加している。最近では、弁護士や警察官を騙るケースなど、さらに悪質となっている。

福岡県では、今年5月までの被害額が前年の4倍1億5000万円に達しているという。また、昨日だけでも、京都や愛知など、全国各地で逮捕が相次いだ。

手口の巧妙化も進んでいるようだ。青森県八戸市では、主婦に対し弁護士を名乗り、100万円をだまし取るケースが報告された。主婦は夫へ事実確認を確認しようとしたが、夫は同時刻に不振な電話が会社へあり、対応に追われ、事実確認できず、結局金銭をだまし取られてしまったという。

(Security NEXT - 2004/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
2020年度「CYDER」の受講申込が受付開始 - NICT
公印を紛失、リースアップ複写機とともに廃棄か - 川崎市
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも
顧客情報が電車内で盗難被害 - 日神グループHD
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究