Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か

中東においてあらたな攻撃グループ「White Company」が確認された。証拠を隠ぺいするため複数の手法を用いていたほか、わざとセキュリティ対策製品に検知させ、現場を混乱させる陽動を行うという。

Cylanceが1年間わたるパキスタン空軍をターゲットとした攻撃活動「Operation Shaheen」を調査、分析結果を取りまとめたもの。攻撃者の特定を逃れるために証拠隠滅を繰り返していたことから、同社は攻撃グループを「White Company」と命名している。

パキスタン空軍については、核兵器を保有する同国の安全保障体制に大きく関係することはもちろん、同国の「National Centre for Cyber Security」の本拠地でもあることから、諜報活動を通じて同国の戦略、戦術などを得ることなども目的だった可能性がある。

同社では、同グループが利用するツールキットのコードから、同ツールの開発状況や変更状態を継続的に追跡。これまで攻撃者が特定されていなかったキャンペーンや、従来別のキャンペーンと思われていたものが、同グループと関連していることを突き止めたとしている。

(Security NEXT - 2018/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追