Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業

マカフィーとソフトバンク・テクノロジーは、「CASB(Cloud Access Security Broker)」のマネージドサービスの展開にあたり、協業した。

20181108_ma_001.jpg
記者会見に登壇したマカフィーの山野氏(画面左)とソフバンテクの後藤氏(同右)

米McAfeeによるSkyhigh Networksの買収完了後、マカフィーではCASBソリューション「Skyhigh Security Cloud」を国内で展開してきたが、ブランドを「McAfee MVISION Cloud」とリニューアル。

同時にソフトバンク・テクノロジーとの協業を発表し、ソフトバンク・テクノロジーではマネージドセキュリティサービス「MSS for CASB」として年度内より提供を開始する予定。

マカフィーの代表取締役社長である山野修氏によると、「CASB」について製品だけでなく、サービスもあわせて提供してほしいとの要望が顧客より多く寄せられていたという。

(Security NEXT - 2018/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
TMI P&Sと東京海上日動、サイバーリスク保険分野で提携
サイバー保険付帯した新規開業税理士向け業務ソフト - エプソン
外部委託先のサイバーリスクを診断するサービス - GRCS
インフォセックとBureau Veritas、海事産業分野のセキュ事業で提携
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
TMI P&S、セキュリティ対応サービスで2社と協業
富士通とUpstream、コネクテッドカー向けセキュリティで協業