Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業

そこでパートナーとして白羽の矢が立ったのがソフトバンク・テクノロジーだった。「マカフィー」へと社名を変更する以前の日本ネットワークアソシエイツ時代から付き合いがあり、その後もマカフィーのSIEMを活用したマネージドセキュリティサービスを積極的に展開するなど関係が深い。

また「CASB」の需要とも重なるクラウドサービス「Office 365」の導入を多数手がけていることも、協業に至った理由のひとつになったという。

ソフトバンク・テクノロジーの取締役で常務執行役員を務める後藤行正氏は、「エンタープライズにおいてシャドウITが大きな課題になっており、今回の協業に大きな期待をしている」と語った。

「多くのマネージドサービスは、検知と分析の提供が中心」とし、自社のサービスについては「対応、復旧、予防、防御まで全体を支援している」と述べ、他社との違いをアピールした。

(Security NEXT - 2018/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

エフセキュアと加賀FEI、IoT機器のセキュ診断で協業
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
TMI P&Sと東京海上日動、サイバーリスク保険分野で提携
サイバー保険付帯した新規開業税理士向け業務ソフト - エプソン
外部委託先のサイバーリスクを診断するサービス - GRCS
インフォセックとBureau Veritas、海事産業分野のセキュ事業で提携
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業