Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS月例パッチ、2019年のリリース日をチェック - 8月は盆休み直撃

日本マイクロソフトは、2019年における月例セキュリティ更新の公開予定日をアナウンスした。

同社では、各社がセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」に、月例セキュリティ更新をリリースしており、2019年の予定を公表したもの。

日本時間では、時差の関係から翌日となるため、第2水曜日ではなく第3水曜日となる場合もある。2019年の日程を見ると、長期休暇となるゴールデンウィークとは重ならないが、8月は盆休みに公開される見込み。

メールでセキュリティ更新情報を配信する「マイクロソフトプロダクトセキュリティ警告サービス」は3月に終了しており注意が必要。現在は英語版となるが通知サービス「Security Notification Service」が提供されている。

公開予定日は以下のとおり。カッコ内は日本時間。また脆弱性が悪用されるなどリスクに応じて、定例外で修正が行われる可能性もある。

2019年1月8日(2019年1月9日)
2019年2月12日(2019年2月13日)
2019年3月12日(2019年3月13日)
2019年4月9日(2019年4月10日)
2019年5月14日(2019年5月15日)
2019年6月11日(2019年6月12日)
2019年7月9日(2019年7月10日)
2019年8月13日(2019年8月14日)
2019年9月10日(2019年9月11日)
2019年10月8日(2019年10月9日)
2019年11月12日(2019年11月13日)
2019年12月10日(2019年12月11日)

(Security NEXT - 2018/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、月例パッチで脆弱性112件に対処 - 一部ゼロデイ攻撃も
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
MS、脆弱性「Zerologon」について再度注意喚起 - まずはパッチ適用を、対処FAQも更新
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
MS、月例パッチで脆弱性87件を修正 - 6件が公開済み
Windowsに危険度高い脆弱性「Bad Neighbor」 - ワーム発生に要警戒
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに