Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「マイクロソフトプロダクトセキュリティ警告サービス」が3月末で終了

マイクロソフトのセキュリティ更新情報などをメールで通知する「マイクロソフトプロダクトセキュリティ警告サービス」が3月末で終了した。

同サービスでは、「Windows」をはじめ、同社製品に関するセキュリティ情報やセキュリティアドバイザリなどの更新情報をメールで提供していたが、同社のメール配信システムで1月19日に障害が発生。配信システムが復旧次第、再開するとしていたが、サービスの終了が発表された。

同社では、英語版となるが通知サービス「Security Notification Service」を通じて、引き続きセキュリティ更新プログラムの公開、更新情報を配信していくと説明。また同社のセキュリティ情報に関しては、ウェブサイトの「セキュリティTechCenter」からも参照することができる。

(Security NEXT - 2018/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
「Magento」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが公開
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
公印を紛失、リースアップ複写機とともに廃棄か - 川崎市
Palo Alto Networksの「PAN-OS」に認証回避の脆弱性 - VPNなども影響
「Magento」に脆弱性 - 「1系」まもなくEOL、最後の更新
「au」装うフィッシング攻撃に注意 - 「不正デバイスを検出」と不安煽る
「ハローページ」が終了、個人情報保護への意識高まりなど影響
TIS、障害発生したリモートアクセスサービスを終了へ