Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「マイクロソフトプロダクトセキュリティ警告サービス」が3月末で終了

マイクロソフトのセキュリティ更新情報などをメールで通知する「マイクロソフトプロダクトセキュリティ警告サービス」が3月末で終了した。

同サービスでは、「Windows」をはじめ、同社製品に関するセキュリティ情報やセキュリティアドバイザリなどの更新情報をメールで提供していたが、同社のメール配信システムで1月19日に障害が発生。配信システムが復旧次第、再開するとしていたが、サービスの終了が発表された。

同社では、英語版となるが通知サービス「Security Notification Service」を通じて、引き続きセキュリティ更新プログラムの公開、更新情報を配信していくと説明。また同社のセキュリティ情報に関しては、ウェブサイトの「セキュリティTechCenter」からも参照することができる。

(Security NEXT - 2018/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」脆弱性、国内で1日あたり数万件規模のアクセス - 70カ国以上から
脆弱性「Drupalgeddon 2.0」、実証コード公開で攻撃段階に
「Drupal 8」に「Drupalgeddon 2.0」とは異なるあらたな脆弱性 - 重要度は「中」
国内でも「Drupalgeddon 2.0」を観測 - 「Drupal」利用者はアップデート状況の確認を
県立病院になりすまし電話、研修医の個人情報聞き出す - 新潟県
県寄付サイトに2万回以上の不正入力、カード決済を一時停止 - 長野県
横河電機の制御システムに脆弱性 - 一部は要マイグレーション
「Drupal」に乗っ取りが可能となる深刻な脆弱性、更新がリリース - 100万サイト以上に影響か
「情報処理安全確保支援士」に2206人が新規登録 - 経過措置対象者が6割強
委託先の選定、セキュリティ対策が最優先とする企業は4.6%