Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「マイクロソフトプロダクトセキュリティ警告サービス」が3月末で終了

マイクロソフトのセキュリティ更新情報などをメールで通知する「マイクロソフトプロダクトセキュリティ警告サービス」が3月末で終了した。

同サービスでは、「Windows」をはじめ、同社製品に関するセキュリティ情報やセキュリティアドバイザリなどの更新情報をメールで提供していたが、同社のメール配信システムで1月19日に障害が発生。配信システムが復旧次第、再開するとしていたが、サービスの終了が発表された。

同社では、英語版となるが通知サービス「Security Notification Service」を通じて、引き続きセキュリティ更新プログラムの公開、更新情報を配信していくと説明。また同社のセキュリティ情報に関しては、ウェブサイトの「セキュリティTechCenter」からも参照することができる。

(Security NEXT - 2018/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SaaSへの不正アクセスでクレカ情報流出か - 支那そば通販サイト
D-Link製の一部ルータに脆弱性 - サポート終了のため利用中止を
「Windows 7」「WS 2008」向けに移行支援策 - 月額モデルやデータアップロード支援など
「BIND 9.14」にサービス拒否など複数脆弱性
複数通販サイトのクレカ情報流出、被害規模が判明 - JIMOS
大阪港開港150年記念のドメインを第三者が取得 - アダルトサイトに
横河電機の制御機器関連ソフトに脆弱性 - 一部はサポート終了でパッチ提供なし
「Kea DHCPサーバ」にリモートより悪用可能な複数脆弱性
「OpenSSL」のWindows版に脆弱性 - 重要度「低」とし更新は未提供
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 北海道情報大