Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「マイクロソフトプロダクトセキュリティ警告サービス」が3月末で終了

マイクロソフトのセキュリティ更新情報などをメールで通知する「マイクロソフトプロダクトセキュリティ警告サービス」が3月末で終了した。

同サービスでは、「Windows」をはじめ、同社製品に関するセキュリティ情報やセキュリティアドバイザリなどの更新情報をメールで提供していたが、同社のメール配信システムで1月19日に障害が発生。配信システムが復旧次第、再開するとしていたが、サービスの終了が発表された。

同社では、英語版となるが通知サービス「Security Notification Service」を通じて、引き続きセキュリティ更新プログラムの公開、更新情報を配信していくと説明。また同社のセキュリティ情報に関しては、ウェブサイトの「セキュリティTechCenter」からも参照することができる。

(Security NEXT - 2018/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセス受けた「宅ふぁいる便」が終了
ゼロデイ脆弱性、攻撃対象は「Windows 7」 - 「Windows 10」への影響は限定的
「Windows」に脆弱性、すでにゼロデイ攻撃も - 回避策などの実施を
「OpenSSL 1.1.1e」がリリース、バグや脆弱性を修正
【追記あり】JSSEC、「セキュリティフォーラム2020」を3月に開催
ZyXELのNAS製品にゼロデイ脆弱性 - 悪用コードが闇市場に
初心者向けに脆弱性対策セミナーを開催 - IPA
「IBM ServeRAID Manager」にRCE脆弱性 - サポートはすでに終了
Cisco製OSやVoIP製品などに脆弱性「CDPwn」が判明 - 数千万台に影響か
「Goldfish Alpha作戦」でコインマイナー感染ルータが78%減