Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アナリスト向け会議「JSAC 2019」 - 論文の2次募集がスタート

JPCERTコーディネーションセンターは、セキュリティアナリストや研究者を対象とした「Japan Security Analyst Conference 2019(JSAC 2019)」において、論文募集(CFP)の2次募集を開始した。

同イベントは、インシデントやマルウェアなどへの対応などをテーマとしたカンファレンス。次回は2019年1月18日に都内で開催を予定している

6月より実施されていた1次募集は10月5日に終了したが、最新インシデントなどの発表に対応するため、2次募集を行っている。

締め切りは12月3日で募集要項は同イベントのウェブサイトから。一般参加の申し込み方法については、11月ごろにアナウンスされる予定。

(Security NEXT - 2018/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし
「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定
CSIRT交流イベント「NCA Annual Conference 2022」、12月にハイブリッド開催
「CODE BLUE 2022」の一部登壇者が明らかに - 5Gハッキングなど
「制御システムセキュリティカンファレンス2023」のCFPが開始に
セキュ研究者や実務者向けイベント「JSAC2023」が開催決定 - 講演やWSを募集
Interop Tokyo、6月15日より幕張メッセで開幕 - 今回で第29回目
セキュリティ会議「CODE BLUE」、講演者の募集を開始 - 事前参加登録も
「CODE BLUE 2022」、10月にハイブリッド開催 - 今年で10回目