Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは、同社UTM「Firebox」向けに最新OSとなる「Fireware 12.2」をリリースした。

今回のアップデートでは、従来の機能にくわえ、定義ファイルに依存しないマルウェア対策機能「IntelligentAV」を追加。機械学習を活用したCylanceのマルウェア検知エンジンをあらたに搭載した。

さらにURLフィルタリングにおいてカテゴリ別にアラートを生成する機能を追加。また「POP3 over SSL」や「SMTP over SSL」のメール検索プロトコルで、プロキシおよびマルウェアの検査に対応。ポリシー設定により、特定国の送受信トラフィックを制限することが可能となった。

(Security NEXT - 2018/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
RPAなど活用したウェブアプリの定額診断サービス - ラック
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
複数ソースのログを分析、課題と対策をレポートするサービス - 網屋
「FireEye」「McAfee Enterprise」統合後の新会社は「Trellix」
Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
実証実験で9割以上の特殊詐欺によるATM利用を検知 - ラックと三菱UFJ銀
匿名加工情報作成ソフトに新版、架空パーソナルデータの合成に対応
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応