Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト

Palo Alto Networksは、新プラットフォーム「Cortex XSIAM(Extended Security Intelligence&Automation Management)」を発表した。国内では2022年後半より提供する予定。

同社によると、同ソリューションは、手作業に依存せず、機械学習を活用して脅威の検知や対応をリアルタイムに行えることを目指した自律型プラットフォーム。

従来よりSIEMで扱ってきたセキュリティ製品におけるアラートやログにくわえて、詳細なデータやインフラのテレメトリ、脅威インテリジェンスなどを収集。データ基盤に変換し、機械学習を活用して相関分析や脅威の特定、修復の自動化など行うとしている。

また脆弱性を継続的に発見する攻撃対象領域管理機能を用意。顧客データに基づくインテリジェンスを活用し、対応の自動化を図るという。

すでに一部顧客で導入されており、一般向けには2022年後半より提供を開始する予定。

(Security NEXT - 2022/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「セゾンカード」装うフィッシング - 複数文面を悪用
保険税納付済額通知書が強風で飛散、一部所在不明 - 小松市
Apple、「iOS 12.5.7」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
「JSAC2023」参加者登録がスタート - 一部講演内容も明らかに
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起
「GitHub Enterprise Server 3.7.4」が公開 - Gitの脆弱性に対処