Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング攻撃でアカウント乗っ取り、メールが不正転送 - 弘前大

弘前大学は、教職員12人がフィッシング攻撃を受けてメールアカウントを不正に操作され、受信したメールが外部へ流出したことを明らかにした。

同大によれば、フィッシング攻撃により教職員12人が利用しているメールサービスのアカウント情報が奪われ、不正に操作された。

5月23日に同大システム管理者がフィッシングメールの受信を把握。翌24日にフィッシングサイトへのアクセスをブロックしたが、同一の差出人を名乗るフィッシングメールが6月1日に届き、別のサイトへ誘導するなど、繰り返し攻撃を受けたという。

問題のメールは、「Office365 team」を名乗っており、メールの送信が失敗したとして再送信を促す内容を英文で記載。HTMLメールで本文中のリンクをクリックさせるものだった。

(Security NEXT - 2018/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

従業員がスミッシング被害、顧客情報流出の可能性 - ニトムズ
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
教員の個人アカウントが乗っ取り被害、スマホ同期の個人情報も - 大阪教育大
持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
不正アクセスで「レール&レンタカー」予約者のメアド流出
フィッシング被害で顧客情報流出のおそれ - ダイワボウグループ会社
メルアカに不正アクセス、関係者へフィッシングメール - LINK-J
アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター