Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能

カスペルスキーは、Windows Server向けセキュリティ対策製品「Kaspersky Security 10.1 for Windows Server」の新版を提供開始した。

同製品は、Server Coreモード、クラスター構成、ターミナルサーバなど、さまざまな利用構成に対応したWindows Server向けセキュリティ対策製品。脆弱性に対する攻撃やランサムウェアによる暗号化、不要なアプリケーションの起動など、脅威をブロックする機能を搭載している。

新版では、ウェブサイトへのアクセス時にURLやウェブページをスキャンし、不正サイトへのアクセスをブロックできる新機能を用意。カテゴリーによるアクセス制御にも対応。リモートデスクトップサービスやCitrix XenApp環境にも対応する。

また、監視対象に設定したファイルのユーザーアクセス権限やオブジェクト属性などが変更された場合にログを記録することが可能。イベントログを監視し、異常な振る舞いを管理者へ通知する機能などを追加した。

(Security NEXT - 2018/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新シリーズ「FortiGate 200G」を発表 - フォーティネット
JPCERT/CCが攻撃相談窓口を開設 - ベンダー可、セカンドオピニオンも
漏洩アカウント情報を調査、通知するサービス - IIJ
「EmoCheck v2.4.0」がリリース - 進化した「Emotet」に対応
サイバー攻撃やセキュリティ対策の体験施設 - 日本情報通信
IT業界未経験の社会人向けに有給インターンシップ - トレンド
パロアルト、「PAN-OS」に新版 - Advanced WildFireなど新機能
ESET新版、Intel TDT対応でランサム対策を強化
期間限定で大規模企業に「Emotet」の感染調査を無料提供 - ラック
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト