Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバ移管時の対策ミスで個人情報1万5836件が流出 - 吉本興業

吉本興業は、グループ企業において一部顧客の個人情報がインターネット上へ流出したと発表した。

同社では、2008年4月から7月にかけて利用するサーバを移管したが、そのなかの1台におけるセキュリティ対策が不十分で、メールマガジンの購読者情報などが外部に流出したと見られている。

流出した個人情報は1万5836件で、そのうち15836件はメールアドレスだった。また1907件については氏名や住所、11件については電話番号が含まれることが判明しているが、同社では流出の経緯など詳細を調べている。

同社では関係する顧客に対してメールや書面により謝罪する方針。

(Security NEXT - 2008/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クイズ応募者情報を誤表示、負荷分散サービスの設定ミスで - 岡山放送
会議室予約システムに不正アクセス、予約者情報流出の可能性 - 慶大
サーバ3台がランサムウェア被害 - 岡野バルブ製造
変異株陽性者の個人情報を県内自治体などへ誤送信 - 長野県
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
公共事業受託事業者のランサム被害、流出範囲特定で難航か