Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Google、「Windows 10」のゼロデイ脆弱性を公開 - セキュリティ機能をバイパス

「Windows 10」において「Windows Lockdown Policy」をバイパスされる未修正の脆弱性が公開された。

「.NET Framework」に起因し、Windows 10で「Device Guard」を利用している場合に影響を受ける脆弱性の実証コードが公開されたもの。

信頼されたアプリのみ実行を許可する「User Mode Code Integrity(UMCI)」をバイパスされ、任意のコードが実行されるおそれがあるという。

悪用には、端末上でコードを実行している必要があり、重要度は「中(Medium)」とされている。リモートより悪用が可能となる脆弱性ではないが、ほかのコード実行の脆弱性と組み合わせて悪用されるおそれが指摘されている。

(Security NEXT - 2018/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性