Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、Linux向けセキュリティ対策製品に新版 - ブート領域やメモリ上のマルウェア検知が可能に

カスペルスキーは、法人向けLinux用セキュリティ対策ソリューション「Kaspersky Endpoint Security 10 for Linux」英語版の新版を提供開始した。

同製品は、Linuxを利用するエンドポイント向けのセキュリティソリューション。新版では、ワークステーションにくわえてサーバも保護の対象となった。「Red Hat Enterprise Linux 7.3」「CentOS 7.3」などの最新OSをサポートしている。

スキャンの対象をディスクブート領域とプロセスメモリへ拡張。ブート領域とメモリ上に潜むマルウェアの検知が可能になった。またインストールやアップデート時にLinuxサーバを再起動する必要がなくなったほか、同社のクラウド基盤を活用した脅威の保護に対応している。

最小構成となる10クライアントで利用した場合、価格は3万4992円から。

(Security NEXT - 2017/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
NVIDIAのGPUドライバに複数脆弱性 - vGPUソフトウェアにも
「Chrome 87.0.4280.141」が公開 - セキュリティに関する16件の修正を実施
ウェブセキュリティ製品に複数脆弱性 - トレンド
「CentOS 8」利用者向けに独自のサポートサービス - サイバートラスト
最新版「CentOS 8」も2021年末でサポート終了 - 大幅方針転換で混乱も
Chromeがアップデート、セキュリティ関連で8件修正
ルータ向けLinuxディストロにRCE脆弱性 - 修正版は未提供
トレンドの「ServerProtect for Linux」に権限昇格の脆弱性