Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

慶大でパソコン25台が盗まれる - 1台に学生の個人情報

慶応義塾大学は、およそ5カ月前となる2007年11月27日未明に、学生の個人情報が保存されたパソコンを盗まれていたことを明らかにした。

矢上キャンパス理工学部の研究室が事務所荒らしの被害に遭い、何者かにパソコン25台が持ち去られたもの。盗まれた1台に学生の氏名や学籍番号など2550人分が保存されており、一部には数学2科目の成績や出身校名が含まれていた。

紛失当時警察へ被害を届けたものの、個人情報の漏洩はないとしていたが、翌2008年1月にパソコン1台に学生の個人情報が記録されている可能性があることが判明、4月に入り漏洩が明らかとなったため事件を公表した。

同大では、関連する学生へ連絡を取り謝罪している。外部流出による被害の報告はなく、成績への影響もないという。

(Security NEXT - 2008/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大
学内宿泊施設予約システムに不正アクセス、利用者情報が流出か - 阪大
なりすましの問い合わせに個人情報を提供 - 奈良県
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
看護師が業務で私的にクラウド利用 - 設定ミスで公開状態に
個人情報含むファイルをVirusTotalに誤送信 - 北陸先端大
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
全卒論が外部から閲覧可能に、設定ミスで - 新潟国際情報大
患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院