Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年の不正アクセス認知件数は1840件、前年比211件減 - 検挙数は増加

20170330_np_003.jpg
不正アクセスの認知件数推移(グラフ:警察庁)

警察庁が2016年に認知した不正アクセス事件は1840件で、前年から211件減少した。一方で検挙数は増加している。

同庁によると、不正アクセス事件の認知件数は2015年の2051件から211件減となる1840件だった。

不正アクセス後の行為では、「オンラインバンキングでの不正送金」が70.9%で最多。「インターネットショッピングでの不正購入(9.3%)」「オンラインゲーム、コミュニティサイトの不正操作(6.7%)」が続く。

一方、検挙件数は502件と、前年の373件を大きく上回った。検挙人数も、2000年の不正アクセス禁止法施行以来、最多記録を更新した前年をさらに27人上回り、200人だった。

20170330_np_002.jpg
不正アクセスの行為別認知件数(グラフ:警察庁)

(Security NEXT - 2017/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分