Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マウスポインタが勝手に移動? - ブラウザの「動画」でだます「偽警告」の新手口

パソコンの画面上に「偽の警告画面」を表示して、特定の電話番号へ連絡させ、遠隔操作ソフトをインストールさせたり、契約を結ばせるいわゆる「サポート詐欺」が発生しているが、あらたな手口が確認されたとして情報処理推進機構(IPA)が注意喚起を行った。

同機構によると、あらたに確認された手口では、動画をブラウザ上で全画面表示。「操作が受け付けられない」「正規サイトや正規ソフトが警告を発している」など、動画の内容が実際にパソコン上で発生しているかのように錯覚させ、指定した番号へ電話をかけさせようとしていた。

20170329_ip_001.jpg
全画面表示を解除したところ。上部に本来のアドレスバーが表示され、偽造のためにアドレスバーの画像が表示されていただけであることがわかる(画像:IPA)

具体的には全画面表示に切り替わることで、本来アクセスしているウェブサイトのURLを表示したアドレスバーが非表示となるとともに、動画上で「マイクロソフトのサポートサイトへアクセスしているアドレスバーの画像」を表示。あたかも正規サイトがエラーを検知し、警告を発しているかのように見せかけていた。

さらにWindowsに同梱されているセキュリティ対策ソフト「Windows Defender」がマルウェアを検知したように見せる画像や、「マウスのポインターが勝手に動いている」動画によって、パソコンが正常に動作していないよう利用者を思い込ませるケースもあるという。

また今回確認された手口では、警告メッセージで「5分以内」など制限時間を設けており、相談する時間などをパソコンの利用者へ与えないようにしていた。

(Security NEXT - 2017/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

11月はEC関連フィッシングサイトが前月比1.5倍に
10月は通信キャリアを装うフィッシングサイトが前月比3.6倍に
ゲーム利用者の約4割が複数ゲームアカウントでパスワードを使いまわし
スマホ利用者2割がセキュリティに不安 - MMD調査
「ウェブメール」のフィッシング被害が増加 - 偽フォームにメアドを自動入力する演出も
テレワーク実施、2021年は2020年に比べて微減 - MMD研究所調べ
実証実験で9割以上の特殊詐欺によるATM利用を検知 - ラックと三菱UFJ銀
9月はECサイト装うフィッシングサイトが2.7倍に
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減