Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マウスポインタが勝手に移動? - ブラウザの「動画」でだます「偽警告」の新手口

20170329_ip_002.jpg
「偽警告」の相談件数推移(グラフ:IPA)

「サポート詐欺」は今回のケースに限らず、従来より被害が報告されている。

同機構が設置する安心相談窓口でも、「偽警告」に関する相談が寄せられており、2016年8月以降は毎月200件以上が寄せられており、多い月には300件を超えている状況だという。

同機構では、インターネットを利用している際にマルウェア感染や個人情報流出などの警告とともに電話番号が表示されても、画面上に表示された電話番号へ電話をかけずに、同機構をはじめとする公的機関へ相談するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

訪問代理店が顧客情報を不正取得 - ソフトバンク
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
ランサムウェア「Fonix」が活動停止 - 謝罪して復号鍵を公開
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加