Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

信用情報約3万件が更新漏れ、融資審査に影響の可能性 - 肥後銀

肥後銀行は、信用情報機関へ登録している個人顧客の信用情報について、一部更新漏れがあったことを明らかにした。

同行によれば、2015年4月から2016年8月までの期間中に、同行が加盟する全国銀行個人信用情報センターや日本信用情報機構に登録している個人顧客の借入金額や返済状況、借入残高などの信用情報について、一部更新漏れが発生したという。

更新漏れが生じたデータは、のべ2万9500件にのぼり、そのうち4044人については、期間中に金融機関から情報の照会があり、融資審査へ影響を及ぼした可能性がある。それ以外の顧客に関しては、金融機関からの照会はなかったという。

同行では、すでに正確な情報へ更新しており、融資審査に影響があった可能性のある顧客に対しては、個別に書面で通知している。

(Security NEXT - 2017/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2店舗で印鑑届や融資関係書類が所在不明 - 三島信金
海外ゲームメーカーでランサム被害 - 人気タイトルのソースコード流出か
信用保証情報を含むファイルを誤送信 - 長崎県信用保証協会
顧客情報記載の書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - 埼玉県信金
休眠口座の印鑑届が所在不明に - 浜松いわた信金
商品券事業で委託先が個人情報を目的外利用 - 豊田市
2支店で顧客情報記載の伝票綴りを紛失 - 京都中央信金
顧客情報含む書類を保管箱ごと紛失、誤廃棄か - 興能信金
返信用メアドを誤通知、子どもの個人情報が流出 - 岐阜県
メール誤送信で企業担当者のメアド流出 - 大阪府