Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中元用DMに別の顧客の届け先情報を印刷 - 酒小売事業者

九州地方を中心に酒類の販売店を展開するあんくるふじやは、2店舗の中元用ダイレクトメールに同封した書類において、別の顧客の届け先情報を誤って印刷したとして、書類の回収を進めている。

同社の佐賀北部店と那珂南店において、関係ない別の顧客の届け先情報を印字した「注文承り書」を、中元用ダイレクトメールへ同封、6月20日に発送したもの。書類作成時に顧客データの編集作業を誤り、そのまま印刷してしまったという。

ダイレクトメールを受け取った顧客からの連絡で問題が判明。204件のダイレクトメールを送付したが、氏名や住所、電話番号など1080件の届け先情報が誤って印字されていた。同社では対象となる顧客に連絡、書類の回収を進めている。

(Security NEXT - 2016/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人向け通販「LOHACO」で不具合 - 発送メールなどに他人の個人情報
介護保険料納入通知書を誤送付、委託先が封入ミス - 笠間市
物件購入者の個人情報が流出、勧誘電話で判明 - アイディホーム
マッチングアプリ「Omiai」の会員情報171万件が流出した可能性
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE
授業料納入通知書を誤送付、送付先データの作成ミスで - 高知県立大
生活保護関係書類で誤印字、別世帯の個人情報 - 神戸市
患者情報の印字に利用したインクリボンが所在不明 - 中電病院
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府
撮影サービスで別の顧客写真が閲覧可能に - 東京ディズニーリゾート