Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高齢者世帯実態調査の一部調査票に別人情報 - 志木市

埼玉県志木市は、高齢者世帯実態調査の一部調査票において別人の情報が印字されるミスがあったことを明らかにした。

同市では、高齢者夫婦や独居世帯を対象に「高齢者世帯実態調査」を実施しているが、9月26日に送付した調査票4645件において一部印字ミスが発生した。

24件では緊急連絡先として関係ない別人の情報が印字されていたほか、54件において別人の電話番号が印字されていた。363件については送付対象であるにも関わらず、未送付となっていた。

調査票の作成および発送業務を委託した業者において、印刷用ファイルの作成時にミスがあったという。

同市では、個人情報が流出した高齢者に対し、個別に謝罪を行う。誤りに気づかず調査票を返送している可能性もあるため、回答済みの調査票については、前年度の回答との突合点検のうえ、システムへの入力を行う方針。

(Security NEXT - 2022/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド誤設定、キャンペーン応募者情報が参照可能に - 阪神タイガース
DLP製品のログ解析による中小企業向け内部不正監視サービス
クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
WordPressよりスマホアプリを構築するプラグインに脆弱性
生徒の個人情報含む医療費支払請求書類が所在不明 - 東京都
美容室向け通販サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性
無許可の患者情報持ち出し、サポート詐欺被害から発覚 - 近大病院
悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加
個人情報含む添付書類を紛失 - 瑞浪市消防本部
関係者の個人情報含むファイルをメールに誤添付 - 日本学術振興会