Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高齢者世帯実態調査の一部調査票に別人情報 - 志木市

埼玉県志木市は、高齢者世帯実態調査の一部調査票において別人の情報が印字されるミスがあったことを明らかにした。

同市では、高齢者夫婦や独居世帯を対象に「高齢者世帯実態調査」を実施しているが、9月26日に送付した調査票4645件において一部印字ミスが発生した。

24件では緊急連絡先として関係ない別人の情報が印字されていたほか、54件において別人の電話番号が印字されていた。363件については送付対象であるにも関わらず、未送付となっていた。

調査票の作成および発送業務を委託した業者において、印刷用ファイルの作成時にミスがあったという。

同市では、個人情報が流出した高齢者に対し、個別に謝罪を行う。誤りに気づかず調査票を返送している可能性もあるため、回答済みの調査票については、前年度の回答との突合点検のうえ、システムへの入力を行う方針。

(Security NEXT - 2022/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

共同利用対象外の個人情報をグループDBに誤送信 - JFRカード
中学校教諭が車上荒らし被害、個人情報が盗難 - 習志野市
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
10月は9月同様の大規模DDoS攻撃は観測されず - IIJ調査
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
市主催イベントの申込者宛メールで誤送信 - 三原市
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」