Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

通知裏面に別人の健診結果、印刷操作ミスで - 宮城県

宮城県は、特定保健指導実施率向上事業において送付した書面に別人の個人情報が記載されていたことを明らかにした。操作ミスにより表裏でズレが生じたという。

同県によれば、10月11日に受託事業者より松島町の特定保健指導対象者119人に書面を送付したところ、一部裏面に別人のデータが印字されていたもの。

表面には氏名、住所、裏面には氏名、年齢、性別、生年月日、健康診査の結果、健康年齢などが記載されている。翌12日に書面を受け取った住民から同町に連絡があり問題が判明した。

裏面の印刷中にプリンタが不具合で停止。再開時の印刷設定に誤りがあり、表面と裏面のデータにずれが生じたという。

受託事業者では対象者に対し、電話で経緯を説明するとともに謝罪している。送付した書面については回収し、正しい書面を送付する予定。

(Security NEXT - 2022/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

案内メールに顧客リストを誤添付して送信 - 写真販売サービス会社
高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WordPress」向けメンバー管理プラグインにSQLi脆弱性
生活保護受給者関連の書類が強風で飛散して紛失 - 墨田区
先週の注目記事(2024年2月25日〜2024年3月2日)
eモータースポーツ大会の複数SNS公式アカウントが乗っ取り被害
「WP eCommerce plugin」に深刻な脆弱性 - パッチは未提供
「Microsoft Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性3件を修正
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意