Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア対策、被害に備えて定期的なバックアップを

2015年10月末以降、ランサムウェアの相談件数が増加しているとし、被害に備えて対策を講じるよう情報処理推進機構(IPA)が注意を呼びかけている。

同機構によれば、ランサムウェアに関する相談件数は、2015年6月、7月は20件前後と高いものの、8月以降10件前後に落ち着いたが、11月は19件、12月は16件の相談が寄せられるなど再び10月末から増加傾向に転じたことから、あらためて注意を喚起したもの。

ランサムウェアの脅威に関しては、ドライブバイダウンロード攻撃で感染するランサムウェア「CryptoWall」の拡散や、ファイルの拡張子を「.vvv」に変更することで話題となった「TeslaCrypt」など、セキュリティベンダー各社も警戒を強めている。

ランサムウェアによって感染経路や被害規模など異なるが、被害に遭うと重要なファイルが開けなくなるなど、ダメージも大きく、同機構では、基本的なマルウェア対策にくわえ、被害に遭った場合に備えた定期的なバックアップの重要性を訴えている。

またバックアップを行う際にも注意が必要だと説明。「外付けHDDのファイルも暗号化された」といった被害報告もあることから、バックアップに使用する機器はバックアップ時のみパソコンと接続することが重要であると指摘。また複数の機器にバックアップすること、バックアップから正常に復元できることを定期的に確認することなどを挙げている。

(Security NEXT - 2016/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約1.6万人分の個人情報流出を確認、あらたな可能性も - カプコン
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
ランサムウェア対策で業界横断連携 - 米17組織
経産省、経営者に向けて注意喚起 - サイバー攻撃対策へ一層の関与を
12月21日より「Emotet」感染メール増加 - あらためて警戒を
セキュリティ事件の認知度、1位はドコモ口座の不正出金
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
ランサムウェアからソフトウェア開発企業を守る10カ条 - CSAJ
ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社