Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア対策、被害に備えて定期的なバックアップを

2015年10月末以降、ランサムウェアの相談件数が増加しているとし、被害に備えて対策を講じるよう情報処理推進機構(IPA)が注意を呼びかけている。

同機構によれば、ランサムウェアに関する相談件数は、2015年6月、7月は20件前後と高いものの、8月以降10件前後に落ち着いたが、11月は19件、12月は16件の相談が寄せられるなど再び10月末から増加傾向に転じたことから、あらためて注意を喚起したもの。

ランサムウェアの脅威に関しては、ドライブバイダウンロード攻撃で感染するランサムウェア「CryptoWall」の拡散や、ファイルの拡張子を「.vvv」に変更することで話題となった「TeslaCrypt」など、セキュリティベンダー各社も警戒を強めている。

ランサムウェアによって感染経路や被害規模など異なるが、被害に遭うと重要なファイルが開けなくなるなど、ダメージも大きく、同機構では、基本的なマルウェア対策にくわえ、被害に遭った場合に備えた定期的なバックアップの重要性を訴えている。

またバックアップを行う際にも注意が必要だと説明。「外付けHDDのファイルも暗号化された」といった被害報告もあることから、バックアップに使用する機器はバックアップ時のみパソコンと接続することが重要であると指摘。また複数の機器にバックアップすること、バックアップから正常に復元できることを定期的に確認することなどを挙げている。

(Security NEXT - 2016/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
公共事業受託事業者のランサム被害、流出範囲特定で難航か
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
VPN脆弱性突かれてランサム被害、情報流出は確認されず - 伯東