Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不要となった機密書類からあらたな紙をオフィス内で生産できる新技術

セイコーエプソンは、使用済みの紙を材料にあたらしい紙を生産できる小型オフィス製紙機「PaperLab」を開発した。2016年内の商品化を目指している。

20151202_se_001.jpg
小型オフィス製紙機「PaperLab」

同製品では、使用済みの紙を綿のような細長い繊維に加工。繊維化した材料に結合素材を用いて紙を作成する。使用済みの紙を入れてから約3分で1枚目の紙を生産。1分間に約14枚を作成できるという。

また「Dry Fiber Technology」により、生産にあたり水は不要。紙厚や色、香りなど必要な紙を作成できる。

同製品により、オフィス内で文書を完全に抹消し、あらたな紙を再生できるため、裁断作業や廃棄のために外部へ持ち出す必要なく、組織内部で紙資源のリサイクルを実現するという。

(Security NEXT - 2015/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古
ラック、生成AIシステム特有のセキュリティ問題を診断するサービス
米当局、「Cisco ASA」など悪用が確認された脆弱性4件について注意喚起
MS、2月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性2件に対応
コンテナの制限を回避する脆弱性「Leaky Vessels」が判明
日本のDMARC導入率13%、米豪と大きな差 - NRIセキュア調査
「Splunk Enterprise」に複数脆弱性 - アップデートで修正
「環境変数ファイル」など狙うマルウェア「Androxgh0st」
「セキュリティ10大脅威2024」 - 個人の脅威は順位表示を廃止