Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不要となった機密書類からあらたな紙をオフィス内で生産できる新技術

セイコーエプソンは、使用済みの紙を材料にあたらしい紙を生産できる小型オフィス製紙機「PaperLab」を開発した。2016年内の商品化を目指している。

20151202_se_001.jpg
小型オフィス製紙機「PaperLab」

同製品では、使用済みの紙を綿のような細長い繊維に加工。繊維化した材料に結合素材を用いて紙を作成する。使用済みの紙を入れてから約3分で1枚目の紙を生産。1分間に約14枚を作成できるという。

また「Dry Fiber Technology」により、生産にあたり水は不要。紙厚や色、香りなど必要な紙を作成できる。

同製品により、オフィス内で文書を完全に抹消し、あらたな紙を再生できるため、裁断作業や廃棄のために外部へ持ち出す必要なく、組織内部で紙資源のリサイクルを実現するという。

(Security NEXT - 2015/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
テレワークのセキュ課題、投資増とガバナンス - IPA調査
ネットワーク管理製品「Aruba AirWave Glass」に複数の深刻な脆弱性
植物園サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 藤沢市
核物質使用者宛のメールで送信ミス、核防護情報は含まず - 原子力規制委
NEC子会社、法執行機関向け機密情報管理ソフトの開発会社を買収
テレワーク実施する取引先のセキュリティ対策に半数が不安
経産省、経営者に向けて注意喚起 - サイバー攻撃対策へ一層の関与を
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト