Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不要となった機密書類からあらたな紙をオフィス内で生産できる新技術

セイコーエプソンは、使用済みの紙を材料にあたらしい紙を生産できる小型オフィス製紙機「PaperLab」を開発した。2016年内の商品化を目指している。

20151202_se_001.jpg
小型オフィス製紙機「PaperLab」

同製品では、使用済みの紙を綿のような細長い繊維に加工。繊維化した材料に結合素材を用いて紙を作成する。使用済みの紙を入れてから約3分で1枚目の紙を生産。1分間に約14枚を作成できるという。

また「Dry Fiber Technology」により、生産にあたり水は不要。紙厚や色、香りなど必要な紙を作成できる。

同製品により、オフィス内で文書を完全に抹消し、あらたな紙を再生できるため、裁断作業や廃棄のために外部へ持ち出す必要なく、組織内部で紙資源のリサイクルを実現するという。

(Security NEXT - 2015/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバ9割以上が暗号化被害、セキュ対策ソフト削除も - 鉄建建設
「Apache Wicket」に脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 岡山大
テレワーク環境でマルウェア感染、社内に拡大 - 三菱重工
Ciscoの複数ネットワーク管理製品に深刻な脆弱性 - 認証回避や遠隔操作のおそれ
「Emotet」の脅威 - 組織やビジネスへの影響を考える
「SAP NetWeaver AS Java」に深刻な脆弱性 - 即時対応を
カスペ、社内用マルウェア解析ツールを製品化 - APTとの関連性をレポート
日本ユニシスとソフトバンク、セキュリティ新会社を設立
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に