Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDI研、メモリの暗号鍵を保護する新技術

KDDI研究所は、暗号鍵をメモリ内で安全に保護するソフトウェア技術を開発し、実用化に成功したと発表した。

同技術では、同社が開発した高速ストリーム暗号「KCipher-2」を応用、メモリ上の暗号鍵データについて、分散してダミーを生成。正規利用者以外による鍵データの読み取りを防ぐ。

従来方式の「Oblivious RAM Library v0.1」と比較し、約10倍の高速処理が可能であるとしており、数Kバイトのソフトウェアにより実装することが可能。サーバやスマートフォンのほか、高い処理能力を持たないIoT機器などへも活用できるという。

同技術はすでに、auショップの店頭に設置された機器において、利用者情報の認証に採用するなど、活用をはじめている。

(Security NEXT - 2015/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
サーバ9割以上が暗号化被害、セキュ対策ソフト削除も - 鉄建建設
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
プレゼント応募者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 関西テレビ
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏