Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東芝とインテル、IoTのセキュリティソリューションで協業

東芝とインテルは、IoTのセキュリティソリューション分野で協業した。2015年度中に、両社の技術を組みあわせたセキュリティソリューションの実証実験を開始する。

今回の協業により、東芝の産業インフラ向けIoTソリューションと、インテルのセキュリティ対策ソフトを組み合わせ、サイバー攻撃や情報漏洩のリスクを低減するIoT向けセキュリティソリューションの提供を目指す。

具体的には、手はじめにエネルギーや交通、運輸、ヘルスケアの領域において、インテルのセキュリティプラットフォーム「Critical Infrastructure Protection」を東芝のシステムに適用させ、2015年度中に両社の技術を組みあわせたセキュリティソリューションの実証実験を開始する。

またインテルのSIEMやエンドポイント保護、アプリケーション制御、ファイアウォールなどのさまざまなセキュリティソリューションを、東芝のシステムに適用させるべく検討を進めていくという。

(Security NEXT - 2015/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
提出パブコメが外部流出、提出先MLに業務委託先 - 総務省
「スマートシティセキュリティガイドライン」1年待たず改定
2021年1Qのダークネット宛パケット、前月から約1割減
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
IoTマルウェアの検体情報など研究者にデータを無償提供 - 横国大
JSSECとSIOTP、6月にオンラインフォーラムを開催
脆弱性「FragAttacks」が判明 - ほぼすべてのWi-Fi機器に影響
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験