Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

夏場にあわせて詐欺サイトも変化 - 水着通販の偽サイトも

夏場に需要が高まる商材を用いた詐欺サイトが確認されている。季節家電のほか、水着などの通販サイトを装うケースもあるという。

BBソフトサービスが7月に同社が検知した不正サイトの傾向をまとめたもの。7月に同社が検知した不正サイト件数は89万82件で、前月の87万2384件から2%増加した。

種類ごとの割合をみると、「ワンクリック、不正請求詐欺」サイトが73.4%で、「フィッシング詐欺サイト」が22.1%で、前月から目立った変化はなられない。

「偽セキュリティ対策ソフト配布サイト」が3.1%、「脆弱性悪用サイト」が1.2%、「マルウェア感染サイト」が0.1%と続く。

7月は、夏場に需要が高まる商材の通信販売サイトに見せかけた詐欺サイトが確認されたという。エアコンや扇風機のほか、水着なども販売していた。

(Security NEXT - 2015/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
2022年1Qのセキュ相談、前四半期比4割増 - Emotet関連が約54.7倍
まもなくゴールデンウィーク、セキュリティ体制の確認を
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
フィッシング検知、年末年始や年度替わりに増加傾向
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
「情報セキュリティ10大脅威 2022」の組織編含む解説書が公開
「サポート詐欺」の平均被害額が1.8倍に - 支払方法に変化も
IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2022」の個人編解説書を公開
実例をSNSで共有、被害を未然に防ぐ「#迷惑メール展」