Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBM、アクセス制御可能なSNS型オンラインストレージ提供

日本IBMは、組織内外で安全なファイル共有を実現するSNS型オンラインストレージ「IBM Connections Files Cloud」を提供開始した。

同サービスは、登録した利用者間でコミュニケーションしながら、ファイル共有を実現するもの。タイムライン機能やユーザープロフィール機能など、SNSの機能を備えているのが特徴で、利用者1人あたり1Tバイトのオンラインストレージを提供し、モバイル端末からのアクセスも可能。

契約は企業や組織単位で、利用者は各組織内に登録される。保存ファイルには所有者のみ閲覧可能な「非公開」、同一組織内の利用者のみ閲覧できる「公開」、組織内外の指定した利用者のみ閲覧できる「共有」のいずれかが設定可能。各指定において「読者」か「編集者」の権限で利用できる。

iOSとAndroidに対応で別途費用なく導入可能のモバイルアプリケーション「IBM Connections」を利用することで、モバイル端末からも利用できる。料金は100ユーザーまで利用の場合、1ユーザーあたり月額616円。

(Security NEXT - 2015/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

バックアップ製品に新版、ランサム対策も - ベリタス
改正個人情報保護法へ対応、施行時点で1割強が未対応
複数ソースのログを分析、課題と対策をレポートするサービス - 網屋
ランサム被害、個人情報約2万件が流出 - コンサル会社
元従業員の売却HDD内に業務文書、データ複製の連鎖で - ラック
ランサムウェア被害で顧客情報流出の可能性 - コンサル事業者
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
パケットを分析、長期管理できるソリューション - テリロジーワークス
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を