Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正サイトの検知数が上昇 - iPhone6便乗詐欺も

従来と同様、9月は「ワンクリック、不正請求詐欺サイト」が多数検知されている。「iPhone 6」に便乗した不正サイトも確認された。

BBソフトサービスが、9月に同社製品で検知した不正サイトの状況を取りまとめたもの。9月に検知した不正サイトの件数は73万3700件で、8月の71万8514件から2.1%増加した。

不正サイトを種類別に見ると、従来と変わらず「ワンクリック、不正請求詐欺サイト」が大半を占める状況で、前月から1.1ポイント増となる94.6%だった。

一方、「フィッシング詐欺サイト」は4.9%で、前月から0.9ポイント縮小。そのほか、「脆弱性悪用サイト」は0.3%、「偽セキュリティ対策ソフト配布サイト」は0.2%で、いずれも前月より0.1ポイント減となった。

また9月の傾向として、Appleが発売した新型スマートフォン「iPhone 6」に便乗する詐欺サイトが多数確認されたという。同社が確認したケースは、高級ブランド製のケース販売を装ったものだった。

こうした偽サイトでは、違法コピー品や粗悪品が送られたり、品物が届かないといったトラブルに巻き込まれるおそれがある。さらに購入時に入力したクレジットカード情報が悪用されたり、闇市場で取り引きされる可能性もあるとして、同社では警戒するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系
J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
2022年1Qのセキュ相談、前四半期比4割増 - Emotet関連が約54.7倍
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
フィッシング検知、年末年始や年度替わりに増加傾向
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
2021年の悪質ECサイト報告数、前年の約1.7倍に
フィッシング、人事装うメールが高クリック率 - IT部門が低いとは限らず