Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員が置き引き被害、学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 大阪市立大

大阪市立大学の教員が、帰宅途中に路上で置き引き被害に遭い、学生の個人情報含むUSBメモリ2個などが盗まれていたことがわかった。

同大学の発表によれば、7月8日2時過ぎごろ、工学研究科の准教授が置き引きに遭い、鞄がなくしたもの。

懇親会の終了後の1時30分ごろ、帰宅途中で、一緒に帰宅に向かっていた大学院生の気分が悪くなり、路上で介抱していたところ、その間に鞄を持ち去られたという。院生の回復を待って警察へ届け出た。

被害に遭った鞄にはノートPCやUSBメモリ3個が入っていたが、そのうち1個のUSBメモリに卒業生111人の氏名、住所、在学時の学籍番号を保存していた。パスワードは設定されているという。

また別の1個には、在校生および卒業生284人の氏名、学籍番号、レポートの提出状況、試験の成績が含まれていた。パスワードなどセキュリティ対策は講じていなかった。

同大学では、対象となる在校生と卒業生に対し、口頭や文書による説明と謝罪を進める。また情報媒体の持ち出しルールの徹底や、不必要な個人情報の削除を実施し、再発防止を目指す。

(Security NEXT - 2014/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
入試関連の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 立教大
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院
患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院