Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

露Kaspersky、iOSやAndroid狙うスパイウェアを確認 - 脱獄強制し感染させる手口も

露Kaspersky Labは、iPhoneやiPadなどが搭載するiOSやAndroidなど、スマートデバイスを標的とするトロイの木馬が出回っていることを明らかにした。

同トロイの木馬は、伊HackingTeamが開発したスパイウェア。犯罪捜査を行う法執行機関向けに提供されており、「ポリスウェア」と呼ばれることもある。こうした「ポリスウェア」の利用は、公表されていないものの、複数の国で利用が始まっていると見られている。

犯罪者の追跡などに用いられ、感染端末から情報を収集するC&Cサーバ群が存在。別名「Galileo」と呼ばれるリモートコントロールシステムのインフラを構築しており、これらへ接続するモジュールが組み込まれたスマートフォン向けスパイウェアを同社が確認した。

これまでもスマートデバイスを対象としたスパイウェアが開発されていることは明らかとなっていたが、同社クラウド基盤で亜種を入手したもので、実際に観測されたのは、今回がはじめて。位置情報の取得やカメラによる撮影、カレンダーからのイベントのコピー、感染デバイスのSIMカード情報、通話やメッセージを傍受するなど監視機能を搭載していた。

Kspersky LabとCitizen Labが共同で実施した調査によれば、政治家をはじめ、ジャーナリスト、人権活動家などへ感染していたという。

(Security NEXT - 2014/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米子会社に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 東京化成工業
「Exchange Server」のゼロデイ脆弱性、月例パッチで修正 - 他脆弱性にも注意
職員が他課アカウントで不正アクセス、偶然1時間強で発見 - 伊東市
空調システムに特化したセキュリティ対策GLを公開 - 経産省
監視フレームワーク「Shinken Monitoring」に脆弱性
業務用ノートPCを帰宅途中に紛失 - 加賀電子
引き続き北朝鮮の標的となる暗号資産 - 個人法人で対策必須
「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
ファイルサーバがランサム被害、情報流出の可能性 - みんな電力