Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

双日システムズ、IE互換ブラウザ「thinforie」を機能強化

双日システムズは、同社が開発する「Internet Explorer 6」の互換ブラウザ「thinforie」の機能を強化を実施した。

同製品は、「Windows XP」に搭載された「IE 6」の需要に対応するIEコンポーネントブラウザ。Microsoftのライセンスポリシーに抵触せず、Windows XP以降のOSでも「IE 6」の互換環境を利用できる。今回あらたに「IE 8」との互換にも対応した。

IEの旧バージョンに対応した業務アプリケーションを利用している場合も、「thinforie」で利用することで、通常のブラウザを最新へバージョンアップしても引き続き利用できるとして、同社ではOSの移行需要へ対応していく。

(Security NEXT - 2014/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
サイバー攻撃による事業停止を想定したBCPのコンサルサービス
「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定
Apache向けモジュール「mod_wsgi」になりすましが可能となる脆弱性
ベトナム工場にサイバー攻撃、生産への影響は軽微 - 日邦産業
「ServiceNow」に複数のXSS脆弱性 - アップデートで修正
パーソナルデータ流通の標準化に注力 - SIOTP協議会
「WordPress」のOAuth認証プラグイン2件に認証回避の脆弱性
脆弱性攻撃の8割超が「Office」狙い - いまだFlash狙いの攻撃も
Mac版Zoomのセキュリティ修正に不備 - 再度アップデート