Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハンモック、IT総合管理ソフトにウイルス対策エンジンを搭載

ハンモックは、IT統合管理ソフトウェア「AssetView PLATINUM」にウイルス対策ソフトを組み込んだ新製品を発売した。

今回発売した「AssetView PLATINUM V」は、カスペルスキーウイルス対策エンジンを搭載したIT資産管理ソフト。クライアント端末のウイルス対策についても、操作ログなどとともに一元管理を実現する。

既存のウイルス対策ソフトからの移行作業を自動化できるほか、ウイルス対策用のサーバを「AssetView PLATINUM」のサーバに集約することが可能。運用管理コストを低減できる。

同社では、販売初年度に100社の導入を目標として製品を展開していく。

(Security NEXT - 2013/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ESET新版、Intel TDT対応でランサム対策を強化
FFRI、消費者や小規模事業者向けセキュ対策ソフトに新版
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
家庭向けIoT機器のマルウェア感染や脆弱性状況を無料で検査するサービス
Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
PC認証システムにマスク着用にも対応した顔認証機能 - CEC
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
「FFRI yarai」に新版、ログの収集機能を強化 - FFRI
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック