Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表

米Akamai Technologiesは、ウェブアプリケーションやAPIの脆弱性に対する攻撃を防御するサービス「App & API Protector」を発表した。

同ソリューションは、従来提供してきたウェブアプリケーションファイアウォール「Kona Site Defender」と、API防御製品「Web Application Protector」を統合したもの。さらにボットアクセスの可視化や緩和する機能を盛り込んだ。

最新の脅威に対する防御ルールを自動的に適用することが可能。マニュアルによる更新にも対応しており、ルール更新時の影響を事前に確認できる評価運用モードも用意した。

さらに多元的な脅威スコアリングモデルを採用した新検知エンジン「Adaptive Security Engine」を搭載。機械学習により継続的に分析し、自動的にチューニングの内容を提案。管理者は提案された内容を確認でき、簡単にルールへ反映することができる。

(Security NEXT - 2021/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

案内メールに顧客リストを誤添付して送信 - 写真販売サービス会社
高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WordPress」向けメンバー管理プラグインにSQLi脆弱性
生活保護受給者関連の書類が強風で飛散して紛失 - 墨田区
先週の注目記事(2024年2月25日〜2024年3月2日)
eモータースポーツ大会の複数SNS公式アカウントが乗っ取り被害
「WP eCommerce plugin」に深刻な脆弱性 - パッチは未提供
「Microsoft Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性3件を修正
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意