Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Movable Type」に任意のコード実行が可能となる脆弱性

CMSとして広く利用されている「Movable Type 4」に、深刻な脆弱性が見つかった。任意のコードが実行されるおそれがあり、専門家が注意を呼びかけている。

問題の脆弱性「CVE-2013-0209」は、同システムがアップグレードに用いている「mt-upgrade.cgi」から呼び出す関数に存在し、任意のコードが実行されるおそれがある。「同5」以降は影響を受けない。

脆弱性の再現性を確認したNTTデータ先端技術によれば、エスケープ処理に不備があり、OSのコマンドやSQLクエリなど任意のコード実行が可能になるという。「同4.38」については修正パッチが案内されている。

外部からアクセスが可能なCMSは、これまでも脆弱性がたびたび攻撃の対象となっており、改ざんなどの被害が発生している。今回の脆弱性も攻撃対象となる可能性があり、注意が必要となっている。

(Security NEXT - 2013/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処