Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSRTが月例更新、ブラウザから情報盗む「Win32/Claretore」など3種のマルウェアに対応

日本マイクロソフトは、4月の月例セキュリティ更新プログラムの提供にあわせ、「悪意のあるソフトウェアの削除ツール(MSRT)」を更新した。

今回対応したマルウェアファミリーは「Win32/Claretore」「Win32/Gamarue」「Win32/Bocinex」の3種。いずれも日本国内で目立った感染活動は確認されていないという。

「Win32/Claretore」は、ブラウザのプロセスを監視し、トラフィックを外部へ送信して情報を窃取するブラウザハイジャック型のマルウェア。不正サイトへリダイレクトされる場合もあるという。イギリスやドイツを中心としたヨーロッパや米国で感染が広がっている。

またボットネットを構築し、ユーザーから情報を盗み出すワーム「Win32/Gamarue」や、米国とロシアで拡大している仮想通貨「Bitcoin」のマイニングを行うトロイの木馬「Win32/Bocinex」に対応した。

(Security NEXT - 2012/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
サーバ9割以上が暗号化被害、セキュ対策ソフト削除も - 鉄建建設
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン
「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
新型コロナの注意喚起ページが改ざん被害 - 北大阪急行電鉄
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア