Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報約3万5000件含むUSBメモリを委託先が誤廃棄 - アイン薬局

アインメディカルシステムズは、アイン薬局の患者情報3万5694件が保存されたUSBメモリを、委託先が紛失したと発表した。

所在不明となっているのは、アイン薬局鶴見店で処方を受けた患者の氏名、住所、電話番号、保険証番号のほか、調剤に関わる情報など、3万5694件の個人情報を含むUSBメモリ。

同社では、レセプト発行システムの切替や入力作業を東日本メディコムへ委託しており、患者情報を保存したUSBメモリを2011年12月12日に提供したが、東日本メディコムと再委託先のやり取りの課程で紛失したという。

東日本メディコムでは、データ変換作業のためUSBメモリを外部業者へ送付。作業完了後にCD-ROMや顧客リストとともに返却されたが、東日本メディコムの担当者がCD-ROMとリストを取り出したものの、USBメモリを確認せず、封筒を誤って廃棄してしまったという。

東日本メディコムでは、事故の周知や従業員教育の徹底、移送する個人情報を必要最低限に抑え、データ授受のチェック体制の強化するなど再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2012/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
入試関連の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 立教大
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院
患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院