Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東証でシステム障害、241銘柄が売買停止 - 後場より再開予定

東京証券取引所において、システム障害が発生し、一部銘柄の取引が停止となるトラブルがあった。後場より売買を再開する予定。

相場情報の配信ができなくなるシステム障害が発生したことから、東証では、2月2日前場が開始となる9時より一部銘柄の取引を停止したもの。普通株式や投信など241銘柄の取引に影響が出た。

東証では、システム障害から復旧したとして、後場が開始となる12時30分より対象銘柄の売買を再開する予定。注文についても12時5分より受付を再開している。

(Security NEXT - 2012/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Salesforce」で約5時間にわたり障害 - 原因は緊急修正の実施
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
サイバー攻撃でシステム障害 - 富士経済グループ
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
日産証券のオンライン取引システムで障害 - ランサム感染か
不正アクセスによる障害で3サービスを当面停止 - 日産証券
サーバ3台がランサムウェア被害 - 岡野バルブ製造
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
スキー場の滑走記録アプリに不正アクセス - ログや画像が消失