Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部オーディオプレイヤーにウイルスが混入 - クリエイティブメディア

クリエイティブメディアが販売するポータブルオーディオプレイヤーに、ウイルスが混入していたことがわかった。

同社が国内向けに出荷したポータブルオーディオプレーヤー「Creative ZEN Style Mシリーズ」の一部に、オートラン機能で感染するワーム「Autorun!inf」や、ウイルスの多重感染を引き起こすトロイの木馬「Almanahe.E.dll」が混入したもの。

同社では、出荷前の製品13台からウイルスを検出したほか、顧客からも1件の報告を受けており、「Creative ZEN Style M300」「Creative ZEN Style M100」の製品出荷を停止した。関連する製品について在庫の入れ替えを実施するなど対応を進める。

利用者に対しては、専用窓口を設置。今回見つかったウイルスは最新の定義ファイルを適用したセキュリティ対策ソフトであれば、いずれも対応済みであるとして、同製品やパソコンについて感染の有無を確認するよう呼びかけている。

またウイルスの感染が確認された場合は、オートラン機能により感染が拡大したおそれがあるとして、外付けハードディスク、リムーバブルディスクについても検証し、必要に応じてウイルスの駆除するようアナウンスしている。

(Security NEXT - 2012/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

県立校で裏紙利用した計算用紙に答案用紙が混入 - 佐賀県
イベントで参加者の手荷物紛失、なかに戸籍謄本 - 野田市
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
マイナンバー含む給与支払報告書を誤送付 - 横浜市
個人情報開示時に他患者情報が混入 - 三重県の医療センター
宿泊療養予定者リストが退所者の交付書類に混入 - 北海道
聖火リレーボランティアの個人情報を配送ミス - 台東区
4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市
調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市