Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

McAfeeとSiemens、制御システムのセキュリティ対策で提携

米McAfeeと独Siemensは、重要インフラなどで利用される制御システムのセキュリティ対策で提携したと発表した。

今回の提携により、ホワイトリストにより動作するアプリケーションを許可する「McAfee Application Control」と、Siemensの産業オートメーション事業部が提供するアプリケーション制御ソリューションとの相互運用性を認定した。「Stuxnet」のターゲットになった「Simatic WINCC SCADAシステム」も含まれる。

制御システムは、独自OSを利用したり、ネットワークから隔離されるなど、従来、一般的なセキュリティと別の分野として語られることが多くなかったが、「Stuxnet」で攻撃対象となったことから注目を集めており、McAfeeでは今回の提携について、「制御システムとITセキュリティの統合を象徴する初めての提携」としている。

(Security NEXT - 2011/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CSCとグローム、医療業界向けセキュリティサービスで提携
ファイル内に顧客情報、気付かず提携先に複数送信 - 神奈川銀
生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開
ゆうちょ銀、210件4940万円を補償 - 173件は本人や家族利用として対象外に
TMI P&Sと東京海上日動、サイバーリスク保険分野で提携
SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大
インフォセックとBureau Veritas、海事産業分野のセキュ事業で提携
SMBC日興証券で一時障害 - データセンターで電源ダウン
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
クレカ選び、ポイント還元などと同等にセキュリティを重視