Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Go言語ベースのウェブフレームワーク「Fiber」に深刻な脆弱性

Go言語ベースのウェブフレームワーク「Fiber」に深刻な脆弱性が明らかとなった。アップデートにて修正されている。

セッションミドルウェアにおいて、ユーザーが独自の「セッションid」を指定し、セッションを作成できる脆弱性「CVE-2024-38513」が明らかとなったもの。ウェブサイトのアクセス制御を「セッションID」に依存している場合、大きな影響を受けるおそれがある。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.8」、重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

同脆弱性は、現地時間6月30日にリリースされた「同2.52.5」にて修正されており、同バージョン以降へ更新するよう呼びかけられている。

またすぐにアップデートできない場合は、「セッションID」の検証や有効期限を設定してローテーションを行うなど、回避策の実施が呼びかけられている。

(Security NEXT - 2024/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

がん検診受診予定者の個人情報をメール誤送信 - 浦河町
検証機能にバグ、ファイルの問題を検知できず展開 - CrowdStrike
米親会社委託先にサイバー攻撃 - 希少疾患の製薬会社
未使用でも影響、7月修正の「IEゼロデイ脆弱性」 - 遅くとも5月に悪用
2Qはインシデントが約8.5%増 - フィッシングが増加
アカウント管理システムに侵害の痕跡、個人情報が流出 - 伊藤忠丸紅鉄鋼子会社
Dockerエンジンの認証プラグインに脆弱性 - CVSSは最高値だが悪用可能性は低
「BIND 9」にアップデート - DoS脆弱性4件を修正
Chromeのアップデートが公開 - セキュリティ関連で24件の修正
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正