Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「国民のためのサイバーセキュリティサイト」がリニューアル

総務省は、「国民のためのサイバーセキュリティサイト」の掲載内容を見直し、リニューアルを実施した。重要な情報へアクセスしやすいよう階層構造を見直したほか、新コンテンツの追加なども行っている。

同サイトは、一般的なセキュリティの知識について普及啓発を目的に提供しているもの。2003年に「国民のための情報セキュリティサイト」としてスタート。2022年からは「国民のためのサイバーセキュリティサイト」として提供している。

昨今、巧妙化が進むサイバー攻撃に対応するため、同サイトの掲載内容について検討し、今回リニューアルした。具体的には、サイバー攻撃による被害事例や対処法、予防策の関係についてわかりやすく整理した。

重要な情報や知りたい情報へアクセスしやすいよう階層構造の見直しを実施。「家庭での対策」「職場での対策」といった動線を用意し、さらに「職場での対策」では、経営層やシステム管理者、一般的な従業員など閲覧者の立場にあわせて情報を提供している。

また、習慣とすることが推奨されるセキュリティ対策などのコンテンツを追加。既存記事の更新を行うとともに、不要となった内容については削除した。

(Security NEXT - 2024/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校の体験入学申込用フォームで設定ミス - 静岡県
ランサム被害、SIMカード搭載PCが攻撃起点か - ほくやく・竹山HD
イベント参加申込者への案内メールで誤送信 - 長居公園指定管理事業者
小学校で児童の名簿を綴ったファイルが所在不明 - 春日井市
通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
キューヘンのランサム被害、個人情報約37.4万件が流出か
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消