Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米政府、悪用が確認された脆弱性3件について注意喚起

「CVE-2024-4040」の影響を受けるか調査するツールなどもGitHubで公開されている。

またCrowdStrikeは、同社プラットフォームで同脆弱性が実際に悪用されたことを観測しているとし、注意を呼びかけている。

一方「CVE-2024-20353」「CVE-2024-20358」は、セキュリティ製品「Cisco Adaptive Security Appliance Software」「Cisco Firepower Threat Defense Software」に判明した脆弱性。

Cisco Systemsでは現地時間4月24日にセキュリティアドバイザリを公開。いずれもゼロデイ攻撃が確認されているとし、アップデートを適用して脆弱性を解消するよう求めた。

あわせて意図しない構成の変更や再起動、異常な資格情報による操作など、攻撃を受けた兆候がないか、システムログを監視するよう強く推奨している。

(Security NEXT - 2024/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開